お知らせ

第53回 座談会のご報告 テーマ:お出かけと運動

2018年3月1日 カテゴリー:会からのお知らせ

2月23日、衣笠のカフェsoraさんにて座談会を開催しました。

 

 

ランチはどれも美味しくて満腹になります♪

***************************************************

今回のテーマ「お出かけと運動」
毎日のお散歩やお出かけをどのようにされているのか、みなさんのお話をお聞きしました。

★小型犬でまだ若いです
キャリーバッグに入ってお出かけをするのが好きで、お出かけ先で出してあげても、少し歩いたら中に戻ります。
運動としては家の中で足りていると思いますが、外の世界の楽しさを知ってほしいし、他のワンちゃんとも触れ合って欲しいです。

◎若い子は幼稚園という選択肢もあります。
◎小型犬の骨折が近年増加しているそうなので、適度な日光浴やお散歩で筋力をつけて予防しましょう!

 

★シニアの年齢になってから

活動時間が少しずつ短くなり、眠る時間が増えました。
以前はお出かけを怖がっていましたが最近は楽しそうで、他のワンちゃんと挨拶ができるようになり、精神的にも充実した内容のお出かけができています。

体調や足腰が弱ってきて、自然とお散歩に行きたがらなくなってきたので、無理に行かせていません。
多頭飼いなので、家にいる子が気になって、なかなか遠出はできません。

◎外に出て気分転換はした方が良いでしょう
生活リズムを整えられますし、日光浴することで昼夜逆転にも効果があります。
短い時間でも良いですし、抱っこして玄関先で日向ぼっこだけでも刺激になります。

 

★病気になり活動範囲は狭くなった
二頭飼いでほぼ同時に看病することになり、日々問題を解決することの繰り返しで、運動やおでかけの発想や余裕は持てませんでした。
後に車イスでお散歩をするようになって、メンタル面が少しアップし、カフェでランチをする余裕を持てるようになりました。

体調をみながら、行ける範囲やお散歩の時間を決めていました。

◎雪はワンちゃんによって好き嫌いがありますが・・・
脚が少し弱ったコーギーちゃんが、少し雪の積もった日に雪の上を歩いたら、いつもより安定して歩けたそうです(^^)嬉しい発見!?

★可能な範囲でお出かけ
病気で弱っていましたがお出かけが好きな子だったので、主治医に遠出して大丈夫か確認し、注意点を聞きながらお出かけしていました。
お出かけ先でいつもよりたくさん歩いてくれましたし、その後普段のお散歩も少したくさん行けるようになったので、良い刺激になったようです。

多頭飼いなので、普段は年齢によって分けてお散歩していますが、旅先では難しいです。
その時には、シニアの子はカートに乗ってもらい、若い子は歩いてもらっています。

***************************************************

年齢に関係なく、元気だったら若い頃のように普通にお散歩やお出かけをされているようです。
飼い主さんの気持ちの問題も大きく関係しているようですので、病気などで状況が変化しても、それに合わせて様子を見ながらお散歩やお出かけをされてはどうでしょう。

 

今回も充実した座談会となりました。
参加してくださった皆さま、ありがとうございました!
次回は3月を予定しています。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください♪
気になっていることや、質問も募集しています。
お問い合わせ先:info@inutomonokai.net

★Instagram始めました! inutomonokai です。よろしくお願いします♪

ページの先頭へ